がんは簡単に予防できる!その方法とは?

2人に1人の割合で発症するともいわれ、もはや国民病といっても過言ではない「がん」。

近年は医療の進歩とともに様々な治療法も誕生し、助かる人も増えてきたものの、まだまだ怖い病気であることには変わりありません。

ですががんは、日常のちょっとした工夫でリスクを減らすことも可能な病気です。

「トマトが赤くなると医者が青くなる」という言葉があるように、トマトもがん予防に一役買ってくれる食べ物です。その理由は、トマトに多く含まれているリコピンにあります。私たちの体内では、活性酸素が常に作られています。活性酸素は紫外線や強いストレスなどで増える性質があり、増えすぎた活性酸素は自分自身の細胞も傷つける原因に。傷ついた細胞は遺伝子にも悪影響を及ぼし、それががんとなるのです。

リコピンには強い抗酸化作用があるため、細胞が傷つくのを防ぎ活性酸素そのものを抑制してくれるので、がんの予防に役立ちます。トマトを意識して食べることはもちろん

、トマトジュースなどで毎日リコピンを摂取するとよいでしょう。

また、NK細胞を増やすことも効果的。NK細胞とはナチュラルキラー細胞の略称で、がん細胞の働きを弱め免疫力をアップさせてくれます。NK細胞を活性化するには、ストレスを溜めず笑いを増やすことが大切です。毎日笑顔で過ごし、がんに負けない元気な体を手に入れましょう。

>>NK細胞活性化を促す新しい成分「フコイダン」は抗がん剤の副作用は軽減できないのか?

コメントを残す